メニュー
葬儀 · 葬儀場 · 仏壇仏具 · ベル少額短期保険 · ペット葬祭 · 総合コンサルティングの事なら新潟県村上市の会津屋へ
0254-52-1101
お気軽にお電話ください
葬儀の流れ
キリスト教式の流れ
ご逝去~通夜まで(概略)
カトリックでは、ご逝去の前に神父が「終油の秘蹟」(=「塗油式」)を行います。この儀式は、罪の許しと祝福への願いに関わります。ご逝去後、胸の上に手を組み、そこに十字架とロザリオを置きます。その後、「納棺式」、「前夜祭」などを行います。お通夜に当たる儀式は、聖歌/聖書朗読と説教/お祈り/焼香 · 献花/祈願/(出棺)/聖書朗読、となります。

プロテスタントでは、ご逝去の前に牧師がパンと葡萄酒を信者に与える「聖餐式(セイサンシキ)」を行います。この儀式は、キリスト者であることの厳粛な祝福と関わります。ご逝去後、ご遺体の上に聖書を置きます。その後、「納棺式」、「前夜祭」などを行います。お通夜に当たる儀式は、賛美歌/祈祷/聖書朗読/奨励/お祈り/主の祈り/祝福、となります。
キリスト教の葬場祭式次第(概略)
カトリックの場合は、
  1. 開祭(入祭の典礼讃歌/献香/集会祈願)
  2. 言葉の典礼(聖書第一朗読/詩篇/福音書朗読/説教/共同の祈り)
  3. 感謝の典礼(奉納祈願/奉献文/主の祈り/平和の讃歌/聖体拝領/拝領祈願)と進み、「告別式」「埋葬の祈り」などが続きます。

プロテスタントの場合は、
  1. 奏楽
  2. 賛美歌
  3. 招詞(「アーメン」)
  4. キリエ(神への呼びかけ)
  5. 詩篇頌
  6. 聖書朗読
  7. 賛美歌
  8. 故人略歴
  9. 説教
  10. 賛美歌
  11. 頌歌
  12. 祈り
  13. 得祷
  14. 祝福
  15. 弔辞 · 弔電
  16. 遺族代表の挨拶
  17. 献花告別と進み、「納棺の祈り」「葬送の祈り」「納骨埋葬の祈り」などが続きます。
キリスト教の「霊前際」
カトリックでは、「追悼ミサ(命日祭)」を執り行います。故人の命日から3日目、7日目、30日目、1年目などに、故人と親しかった方をお招きします。教会聖堂やご自宅を会場とし、聖書の朗読、聖歌の合唱などを行います。その後、神父、参会者の方とお茶会を開き、故人を偲びます。

プロテスタントでは、命日の1週間目か20日目、または1ヶ月後の「召天記念式(祭)」などに「記念会」を執り行います。「記念会」は、故人と親しかった方をお招きし、ご自宅などで開きます。家庭聖壇にご遺影を置き、生花を飾ります。牧師の祈祷と説教(聖書朗読など)、賛美歌の合唱などを行います。故人を偲び、その人生を神に感謝すると共に、ご遺族を励ますためのお茶会を催します。
キリスト教の「式年祭」
キリスト教では、年数が決まった儀式はありません。
但しご逝去の1年後、3年後などに、天に召された故人を偲ぶ会やお茶会などを催します。